2017年10月09日

奥又白池

マイナー中のマイナー 奥又白池へ行ってきました。
涸沢の紅葉時期は人が多いので静かな紅葉をと言う事で秘境の奥又へ。
今回はバリエーションルート。
最も得意ではないバリエーション。
少し不安もある中 あかんだな駐車場に車を置き一路上高地へ。
10月8日(日)8時上高地バスターミナル出発。
DSC00597.JPG

河童橋を過ぎ 8時50分 明神館に到着。
DSC00599.JPG

少し休憩を取りいざ徳沢へ。
9時50分徳沢に到着。
しばしコーヒーで休憩。
(1).jpg

新村橋を過ぎ奥又白池の登山道分岐。
DSC00604.JPG

やっと涸沢パノラマ新道分岐に11時40分到着。
DSC00605.JPG

11時50分奥又の登り口。
DSC00606.JPG

今回もテント装備に加え気温も高かったせいかバテにバテました。
やっと2時45分奥又白池に到着。
DSC00609.JPG

誰もいないかなぁ と思っていたらなんとテント10張 びっくり仰天。
疲れたので早々に宴会を終了し就寝。
翌10月9日(日)5時30分朝日が上がる前に前穂に月がかかっていたので写真に収めご来光待ち。
DSC00610.JPG

朝日が出てくる前にバッチリ富士山も見えました
DSC00613.JPG

朝日が出てくる前に前穂が明るくなり
DSC00617.JPG

6時ご来光。
DSC00620.JPG

7時19分テント撤収し 何回か休憩し今回の涸沢の下のガレ場や
向かいの常念を眺め一路上高地へ。
DSC00624.JPG

DSC00625.JPG

9時15分なんとか涸沢分岐のレリーフに到着。
DSC00626.JPG

新村橋を渡り10時15分ビールにて打ち上げ。
DSC00627.JPG

DSC00629.JPG

11時20分明神橋を見学し今回宿泊した奥又のアンブを眺めながら
DSC00633.JPG

12時10分上高地バスターミナルに到着。
22K 工程時間12時間お疲れさまでした。
DSC00634.JPG
posted by kc-wall at 20:41| Comment(0) | イベント情報

2017年10月01日

ストックを持とう〜と思った日

今日は近郊の低山に5名で登山。
河内の口三方に行ってきました。
無雪期で初めての口三方。
7時15分旧清流荘横の道を歩いてつり橋を渡るつもりが行き泊り。
DSC00564.JPG

正規ルートに引き返し7時50分登山再開。
DSC00565.JPG

出足 急坂
9時40分中間地点 岩屋敷で休憩。
DSC00567.JPG
スキーで腰を痛めた師匠 なんとストッックを貸して欲しいとご希望あり。
あ〜 とうとう師匠もストック登山の仲間入り。
かたくなに固辞していたのに体の不調には勝てないご様子。

まぁ順調にコースタイムこなし水場に10時過ぎに到着。
ここから頂上まで1時間。
自分にはっぱをかけなんとか10時50分頃に到着。
残暑のような暑さでへばり気味。
DSC00569.JPG

頂上で昼食を取り大休憩。
白山他景色を眺め12時少し前に下山開始。
DSC00570.JPG

烏帽子山への登山道が出来ていたのを今日発見し すこーし下山時間はかかるが
烏帽子山経由で下山開始。
やせ尾根を通っての13時10分頂上到着。
頂上から白山・セイモアスキー場がバッチリ見えました。
DSC00572.JPG

少し休憩しあとは一気に下り。
途中「栗」の木 群生が何か所かあり近くから ヴーヴーとうなり声が聞こえ
ストック・鈴を鳴らしながらの下山。
ちょっと獣臭がただよい怖かった〜
15時15分烏帽子山登山口にヘロヘロになりながら到着。
DSC00575.JPG

8時間 13Kの工程お疲れさまでした〜m(__)m
posted by kc-wall at 20:45| Comment(0) | イベント情報

2017年08月20日

蟹ノ目山が鞍掛山に

金沢を5時にで山中温泉にある蟹ノ目山に登山。
一の谷周遊コースを登山予定が県民の森で通行止め。
仕方がないので東谷生活改善センターから沢沿いに登山開始。
が、ブヨの攻撃にあい なおかつ登山口の沢からの橋が崩落寸前。
これはだめだわぁ と急きょ鞍掛山に変更。
鶴の滝登山口から8時30分登山開始。
この登山道あまり登られていないのか蜘蛛の巣と落ち葉だらけ。
DSC00358.JPG

こちらも少しブヨ攻撃にあいつつ9時15分三童子分岐に到着。
DSC00359.JPG

あと少しで頂上 ガンバ!!
9時30分頂上到着。
DSC00360.JPG

頂上にいた人に獅子岩を見学したらいいよぉと言われたので
帰り道 獅子岩見学。
DSC00362.JPG
景色は見えず・・・

30分で下山完了。
今回の山行きは ブヨ攻撃にあい体中がものすごく痒い登山になりました。
暑い時期に低山に入るものではない と言う教訓です。

posted by kc-wall at 16:03| Comment(0) | イベント情報